■  食事で整える



基礎体温を理想的なパターンに保つ事で、健康にもつながり、妊娠を望んでいる方は妊娠しやすい体調を保てることになります。基礎体温のパターンが不規則だったり、高温期と低温期の差があまり無いなどで心配な方もどうすれば理想的なパターンにできるのか、方法があれば知りたいですよね?まず、婦人科系の疾病が無いかどうかを確認するのが第一です。問題が無いようであれば、自分自身がすこし気をつければ実行できそうな事からはじめましょう。

一番簡単にできるのが、生活習慣の改善です。深酒の習慣があったり、慢性的な睡眠不足があったり、毎日毎日無理なスケジュールを組みすぎて疲れきっていたり、無理なダイエットをしていて栄養が不足していたり・・・そんな生活は見直す必要があります。その他にも薬などに頼らずに、食事などに気をつけてみてはどうでしょうか?

まずは、カラダを冷やさない事がとても重要です。カラダを冷やしてしまう食べ物としては、柿、マンゴーやパパイヤ、キウイフルーツ、たけのこやナス、トマト、レタス、精白したパンや小麦・大麦・お米、白砂糖や化学調味料、ワインやウイスキーなどの酒類、チョコレートやアイスクリームなどが代表的です。ここに上げたものはほんの一部ですが、全く摂取してはいけないという意味では無く、毎日大量に摂取している場合などは注意が必要です。特徴としては、水分の多い食物、南で採れる食物、白っぽい食物、柔らかい食物などがカラダの冷えを引き起こすといわれています。

その他にも基礎体温を乱す食物として、消化されにくく、体内で老廃物として溜まりやすかったり、毒素を発生させてしまう食品として、ケーキやチョコレート、炭酸飲料水、スナック菓子や添加物を含む加工肉食品なども摂取量に注意が必要です。規則正しい生活と、バランスの取れた食生活をはじめることで、基礎体温の乱れが少しでも解消に向かうといいですね。


スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 温度の読み方は?
★ 産み分けとの関係
★ 避妊との関係
★ 基礎体温とホルモンの変化