■  グラフの付け方



基礎体温の測定記録を毎日付ける事で、排卵日を予測する事ができたり、月経前症候群の時期も分かり易いため、事前にリラックスする時間をしっかり確保したり、仕事を詰め込みすぎないようにしたり、できるだけ予定を別の日にずらしたりなど、自分の体を休めてあげる手助けもできます。記録の仕方としては、測定してすぐは、体温、体調などを忘れないようにメモ書きするだけで構いません。朝は忙しいですもんね。ただ、数字のみを記録しておくと体温の変化などは一目では分かりにくい為、時間があるときに、毎日の測定体温のメモ書きをグラフにまとめる事をお勧めします。

病院で医師から基礎体温の記録をするように言われる場合、記録する為のグラフをもらえる事がありますが、薬局等でも簡単に購入できます。最近では100円ショップなどでも売られています。または、ネットなどからダウンロードする事も可能です。婦人体温計によっては、パソコンと接続する事で、データを測定するだけでグラフ管理してくれるものや、婦人体温計に付属の機械でグラフ管理してくれるものなども売られています。

最近では携帯サイトでも月額の利用料が発生しますが、基礎体温が簡単に管理できるようなサイトもあります。お勧めのサイトは家庭医学やキレイ作戦、たまごママを応援♪、体重管理も日記も、生理日・危険日カンリ、簡単☆生理日手帳、などがあります。

もちろん、手作りのグラフでも問題ないですよね。気をつけたいのが、基礎体温は0.3〜0.5℃の微妙な変化で測定結果が出るので、できるだけ細かい数値が付けられるようにグラフのメモリも細かく設定しましょう。

そして、測定の際の条件が通常と違っても、毎日測定する事が大事です。いつもと違った条件の場合は備考欄などにメモしておきましょう。同時に気分や体調などをメモしておくとより詳しい資料になると思いますよ。


スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 温度の読み方は?
★ 産み分けとの関係
★ 避妊との関係
★ 基礎体温とホルモンの変化