■  測定方法について



基礎体温を測定するなら、正しい数字を出せるように、測定も正しくする必要があります。私は、いろいろと調べる前は、「平熱を測定する」感覚でいました(笑)基礎体温を調べるうちに、一番苦労しそうな事が、正しい測定をする為に、規則正しい生活が必要になるという事でした。まずは、毎日、同じような時間、同じような条件で測定する必要があります。と言うことは必然的に、起床時間は平日も休日も一緒である必要があります。そして睡眠時間もほぼ同じ時間を確保する必要が出てきます。できれば5.6時間の睡眠時間を確保、最低でも4時間以上の睡眠をとった後に測定するのが理想的です。

でも、社会人ともなれば、急な残業や、お酒の付き合いなども出てきて、毎日同じだけの睡眠時間を確保する事は難しいかもしれないですよね。それでも、毎日同じ時間に起床して、基礎体温を測定し、基礎体温を記録する時に、睡眠時間が確保できなかった事、前日にお酒を飲んだ事なども記録しておきましょう。基礎体温は0.3〜0.5℃の微妙な変化で測定結果が出る為、通常の測定条件と異なる日などのメモがあると、基礎体温の変化を知る時にはとても役に立ちますよ。条件の中には、お酒や睡眠不足のほかにも、カラダの疲れやストレスなどの精神的な要因も関係してくる為、体温と合わせて、その日の気分や、体調などもメモしていくとより精度の高い測定結果を作ることができますよ。

毎日同じ時間に起床し、測定する場合は、ベッドや布団から起き上がる前に、体温を測定しましょう。一度起き上がってしまう事で、『生命維持に必要な最小限のエネルギーしか消費していない安静状態で測定した体温』でなくなってしまいます。そうは言っても、起床してすぐにトイレに行きたくなる事もありますよね(笑)そんな時は、体調や気分と同時に、トイレに立ってから測定した事をメモしておけば問題ありません。何よりも、毎日測定し、記録を残す事が大事です!


スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 温度の読み方は?
★ 産み分けとの関係
★ 避妊との関係
★ 基礎体温とホルモンの変化