■  理想的な基礎体温



基礎体温が女性の体にとって、「いろいろな情報を知らせてくれるありがたいもの」と言うことは、理解できましたよね?基礎体温をご自身で測定し、記録をしていくと、自分の体温の変動のパターンが見えてくると思います。

基礎体温は1ヶ月ほど記録すると気付くと思いますが、生理周期の中で低温期と呼ばれる時期と高温期と呼ばれる時期に目に見えて変化があります。基礎体温の変動のパターンは、人によってそれぞれ違いますし、体調によっても変わってきます。その変動のパターンを知ることで、自身の体調を知ることができます。

基礎体温の高温期がとても短い方、高温期の体温がとても不安定な方、高温期の体温があまり高くならない方、反対に基礎体温の低温期がとても長い方、高温期・低温期と安定せず変動が激しい方とそれぞれに特徴があります。理想的な基礎体温とは、生理開始から排卵までの低温期、排卵を境に1〜2日かけて、低温期の基礎体温より、0.3〜0.5℃ほど体温が上昇し、高温期へ入ります。高温期は約2週間程度続き、次の生理と共に、低温期へ変化します。

高温期が短くなる事で、低温期が長期化する場合は、無排卵の可能性や、排卵があっても妊娠しにくかったり、血液の循環がスムーズでなかったりする場合があります。また、高温期の体温が一定に保てず、とても不安定な場合は、自律神経の乱れや、血液中の栄養成分の不足や、消化器系・生殖器系の働きが低下している可能性が考えられます。高温期に移行するまでの時間が長い場合や高温期の体温が、低温期より0.3℃以下で高温期の体温が低い場合や基礎体温の変動が激しい場合などは、カラダの冷えやストレス、自律神経の乱れなどが考えられます。また、基礎体温の低温時期が長い場合は、冷えからくる血行不良、生殖機能の悪化などの可能性があります。基礎体温を測定し、自分がどのパターンかを知ることで、理想的な基礎体温のパターンに近づけるために気をつけることが見えてきますよ。もちろん、基礎体温を測定する事で、妊娠などに気付く事もできますよ。


スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 温度の読み方は?
★ 産み分けとの関係
★ 避妊との関係
★ 基礎体温とホルモンの変化